越谷泌尿器科・内科の院長およびスタッフのご挨拶 - 医療法人社団 医山会

越谷泌尿器科・内科 院長ご挨拶

ホーム  >  越谷泌尿器科・内科 - 院長ご挨拶

越谷泌尿器科・内科 院長ご挨拶

当院は、平成9年に開院し、地域に密着した医療を提供してまいりました。今、高齢化の波は、確実に押し寄せ、泌尿器科疾患でお悩みの方が増えてくることが予想されます。

当院は、主に泌尿器科疾患について診療を行っておりますが、前立腺肥大症・過活動膀胱などの生活の質を下げる病気、前立腺がん・尿路がんなどの命に関わる病気など、泌尿器疾患について、親切・丁寧な診療を心がけ、皆様が穏やかな生活を送れるようにがんばりたいと思います。

また、隣接する埼友クリニックと協力し、地域の皆様の腎・泌尿器疾患診療に力を入れていきます。

院長 長根裕介

越谷泌尿器科・内科 名誉院長ご挨拶

21世紀に入り、日本は長寿社会の時代に入りつつあります。 「越谷泌尿器科・内科」は、医療法人埼友会・医山会グループの一つとして、泌尿器科、血液透析専門医療施設をめざし活動してきましたが高度医療に対応する為、この度最新の医療設備を導入しレイクタウンに移転いたしました。 私たちは以下の目標を掲げて、地域医療に貢献できるように努力致します。

1)患者さんの精神的・身体的痛みのわかる医療を実施します。
2)病気に対してできるだけ小侵襲性の治療で、快適な生活を維持できる治療をめざします。

名誉院長 鈴木徹